読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

響の活動記録

引きこもりだけど外に出るようにブログやってます。なんか面白いことしてほしいことあれば言ってください。

全国の小中学生に告ぐ

 


f:id:minaiiiiiiiiii0310:20170206084931j:image

ずっと思っていたことがある。

少数派の意見は、日本では悪とされる傾向にある。ちなみに、ここで日本ではと言っているが外国は知らない(笑)

ただ日本では悪とされることが多いように感じる。

今思えば自分は物心ついた時からずっと少数派だった。皆も見たことがあるはずだ。クラスに一人はいる空気が読めない奴、、自分は多分そんな感じの人だった(笑)

 

自分は学校に行くのがそんなに好きではなかった。なぜなら学校に行けば多数派の意見こそが正義だと考え方を矯正され、少数派の意見は常に間違っているという考え方を押し付けられるからだ。

 

本来ならば意見が相違したとしても、多数派、少数派での優劣はないはずだ。意見は常に一対一の関係であるべきだ。

 

例えば学校の先生より頭のいい生徒がいたとして、その生徒が、授業中居眠りをしていたとする。すると先生は怒る。それに対して生徒はもうすでに理解した内容なので、聞く必要はありません。と言っても先生はもっと怒って全員に同じ授業を受けさせる。

そうやって才能のある子から才能を取り上げていくっていう、、

小中学生とか本当に小さなコミュニティの中で生きているわけですから、その狭い世界でこれをやられると従うしかない状況になるんですよ。。。

もうこれ洗脳に近いですよね(笑)

 

言いたいのは皆と同じっていうことが良いことではないよってこと。

今学校で少数派の君たちはすごい才能を持っている可能性を秘めてるってこと。

だからその小さなコミュニティから一回出てみて世界が変わると思う。